メタボ対策とダイエットの違い

ダイエットとの違い

ダイエットポータルはダイエットのことについて取り上げているサイトです。

 

しかし、痩せるという意味ではダイエットもメタボ対策も共通することが多いです。

 

ただし、ダイエットとメタボ対策の根本的な違いは、内臓脂肪を落とすかどうかがダイエットとの違いです。

 

ダイエットの場合は美容に関連することが多いと思いますが、メタボ対策というと健康面の事のようなイメージがありますね。

 

ダイエットでは皮下脂肪の燃焼を目指しメタボ対策では内臓脂肪の燃焼を目指すという違いがあります。

 

太っているからといってメタボとは限りません。

 

一見、太っていても内臓脂肪が少ない人はいます。

 

逆に痩せて見える人でも内臓脂肪が多い人もいます。

 

メタボ対策をするためには現在自分がどのような状態なのかを知ることから始めなければなりません。

 

詳しく自分の状態を理解して、日常生活に気をつけ食事、運動などを適度に行い自己管理していくことが重要です。

 

特に独身の人や外食をする機会が多い人はメタボになりやすいので気をつけなければなりません。

 

家庭ではバランスよく食事を食べる機会がありますが、外食ですと自分の好きなものしか食べない傾向があります。

 

中でもラーメン、ハンバーガー等のB級グルメはカロリーが高いので注意が必要です。

 

しかも、塩分も多く脂肪分もたくさん入っています。

 

ハンバーガーもラーメンもどちらもセットメニューが多く、ラーメンとごはんやハンバーガーとポテト等の組み合わせは、さらにカロリーオーバーになってしまします。

 

カップラーメンは理想とする1日の塩分量を軽くオーバーしてしまうので要注意です。

 

上記のような事を常に意識してメタボ対策を行っていかなければなりません。

 

次にメタボ対策の運動のことについて解説します。

 

メタボ対策では激しい運動は効果がありません。

 

軽い運動を長期にわたって続けることで糖質と脂質を消費することが出来ます。

 

もし、ダイエットならば激しい運動で一気に痩せることが出来るかもしれませんが内臓脂肪を燃やすためには軽い運動を続けることが重要です。

 

激しい運動では等室だけ消費して脂質は消費されません。

 

もし自分がメタボだと思った方は、このページで解説した事を参考にして取り組んでみてください。

 

 

スポンサードリンク

メタボ対策とダイエットの違い関連ページ

メタバリア
メタボにならないための調理方法