BMIに基づいて計算する肥満度の求め方の解説

肥満度の求め方

自分がどの程度肥満なのかを知るために肥満度の計算方法を解説していきます。

 

肥満度の求め方

BMI方式の標準体重を基本にして次の公式をつかって肥満度を求める事が出来ます。

 

肥満度(%)=(実測体重−標準体重)÷標準体重×100

 

具体的に例を出して肥満度を求めてみると、

 

[例1]
身長が158cmで体重が65kgの人の肥満度は

標準体重=1.58×1.58×22≒55(kg)
肥満度=(65−55)÷55×100≒18%
肥満度は+18%
という答えが出ます。

 

[例2]
身長が158cmで体重が50kgの人の肥満度は

肥満度=(50−55)÷55×100≒9%
肥満度は−9%
という答えが出ます。

 

スポンサードリンク