骨盤ダイエット

骨盤ダイエット

下腹部に肉が付く原因として考えられるのが骨盤の歪みです。

 

みなさんはいつも正しい姿勢で日常生活を送っているでしょうか?

 

おそらくほとんどの人が、不釣り合いな立ち方や座り方、脚の組み方等で骨盤が歪んでしまっていると思います。

 

下半身をスリムに痩せさせるためには骨盤を矯正することで実現することが可能となります。

 

まずは、直接骨盤を矯正するのではなく、周りの筋肉を鍛えていきましょう。

 

骨盤周りの筋肉を鍛えるのは、骨盤周りの筋肉が弱くなると身体が歪んでしまう原因になるからです。

 

歪みが出ると、様々な身体の不具合が出てきます。

 

 

歪みが原因の様々な症状

 

リンパの流れや血流が悪くなりむくみが出る

 

体が冷えるようになる

 

脂肪がつく

 

上記のような症状が骨盤の歪みが原因ででてくるようになります。

 

 

骨盤ダイエットはどのような人にオススメなのか?

 

現在、何かしらのダイエットをしていてそれなりに体重が落ちているのに、お腹周りの肉が残っていたり、下半身が痩せない人には骨盤ダイエットが効果が期待できます。

 

先ほども言いましたが、骨盤を正しい位置に戻して歪みを解消出来れば、痩せやすい身体になります。

 

さらには嬉しいダイエット以外の効能もあります。

 

代謝が良くなってお肌が若々しくなる効果もあります。

 

さらには、いままで歪みによって下にさがっていた内臓が元の位置に戻ることによって、体調が良くなることが実感できるようになります。

 

 

骨盤ダイエットのやり方

 

骨盤ダイエットの効果が解ったところで、やり方の説明をしていきます。

 

骨盤ダイエットの方法として一般的なやりかたは 骨盤矯正ベルトを巻くとか、骨盤の歪みを矯正する体操やストレッチを行うなどがあります。

 

めんどくさがりの人や、運動する時間がない人には、骨盤矯正下着を着るという方法も考えられます。

 

日頃、何気なく生活している中で姿勢を正すことを意識するだけでも骨盤の歪みを予防することが出来ます。

 

歩く時の姿勢や寝る時の姿勢等、身体に負担がかからないように意識して骨盤の歪みを予防しましょう。

 

 

スポンサードリンク