歩く姿勢

歩く姿勢

下半身痩せを目指すために効果的な方法はウォーキングですが、より効果的に下半身痩せを行うためにウォーキング時の姿勢について記載していきます。

 

ウォーキングでは、歩く時の姿勢に気をつけることで効率的に下半身痩せを行うことが出来ます。

 

ウォーキングでは脚をしっかりと地面につけ、踏みしめて歩くので脚全体の痩せに効果があります。

 

ただし、しっかりと歩かずに、脚を引きずって歩くような歩き方だと効果は望めません。

 

せっかくウォーキングで下半身痩せを目指すのであれば、乱れたフォームは治して行うようにしましょう。

 

そうすれば、疲れも溜まりにくく、怪我もしにくくなります。

 

正しいウォーキングの姿勢

 

ウォーキングのフォーム

 

頭をまっすぐに保ちしっかりと安定させて体の力を抜いて楽にします。

 

視線は遠くを見るようにします(10m先程度)

 

まっすぐ背筋を伸ばして、頭からつま先までが1本の棒になっているようなイメージで肩に力を入れずに腕を前後に90度軽快に振ってください。

 

腕を振る際に腰がふらつかないように注意してください。

 

かかとから着地してつま先で蹴るような感じで歩きます。

 

歩幅は小さくならないように心がけます。

 

歩幅の目安は身長から100p引いたくらいの歩幅を意識してください。

 

このようにただ普通に歩くのではなく、上記のような事を意識して歩くことで、下半身痩せに効果がでてきます。

 

無理をする事は禁物ですが、それなりに効果を出そうと思うと、継続して行うことが重要になります。

 

自分にプレッシャーをかけすぎないようにして、軽く考えて継続するのが、長続きするコツだと思います。

スポンサードリンク