メタボにならないためのコツ

メタボにならないためのコツ

メタボが気になってダイエットを始める人も多いです。

 

まだ、メタボではないけれど・・・

 

という人はまだ間に合うのでメタボ対策をしましょう。

 

きちんと対策をとっておけばダイエットをしなくても良い可能性があります。

 

 

メタボ

 

 

健康あってのダイエットですから、まずは健康に重点を置くことから考えましょう。

 

このページではメタボにならないためのメタボ対策のコツを紹介します。

 

趣好品について

 

メタボリックシンドローム、つまりメタボにならないためには食生活の改善が必要な事はみなさんもご存知の通りです。

 

その中でも厄介なのが趣好品です。

 

趣好品とはつまり、人間が生きていく中で必ずしも必要でないもののことです。

 

趣好品は人それぞれによって違います。

 

それは 『お酒』 だったり 『タバコ』 だったり 『お菓子』 だったりします。

 

これらは、楽しみの1つで習慣になっている場合が殆どで、やめようとしても簡単に止める事が難しいです。

 

ですので、メタボ対策のためには量や回数を減らすことが大切です。

 

 

お酒について

 

お酒が好きな人は大変多いですね。

 

仕事柄お付き合いで飲む酒、毎日の晩酌で飲む酒、お祝い事で飲む酒、日常生活の中でお酒は欠かすことが出来ないくらい浸透しています。

 

日頃のストレス解消にみんなで楽しくお酒を飲むのはとても気持ちの良いもので、明日への活力にもなります。

 

ただ飲む量が問題になります。

 

お酒を飲んでいると楽しくなって飲み過ぎてしまうこともしばしばあります。

 

この飲み過ぎをなくすことがメタボ対策には重要なことです。

 

解決策としては、毎日仕事終りに晩酌をする人は1週間の飲む量を決めておき、それ以上は飲まないようにすることを心がけることです。

 

さらに、出来れば少しづつでよいのでお酒の量を減らせるようにすれば、効果的なメタボ対策になります。

 

自宅で飲むわけではなく、お付き合いで飲みに行くことが多い人などは最初の1杯を乾杯用として飲んで、2杯目はジュースにするなどの工夫をすれば全体的に飲む量を減らすことが出来ます。

 

お酒を飲むペースをゆっくりにすることでもお酒の量の調節が出来ます。

 

お酒を飲む習慣がある方は飲み方の工夫をしてメタボ対策をしてみてください。

 

 

タバコについて

 

タバコは非常に習慣性の強い趣好品です。

 

タバコを止めるのは非常に困難です。

 

少しづつタバコを吸う量を減らすようにして徐々に止めるようにするのが良いと思います。

 

今は効果的ないろんなタイプの禁煙グッズが販売されているので、これらを活用することによって比較的ストレスが無い状態で禁煙することが出来ると思います。

 

タバコの量を減らすだけでも十分にメタボ対策になりますが、出来ることならば 禁煙 出来る事が一番望ましいメタボ対策です。

 

 

間食について

 

食事をした後でも 『別腹』 などと言って間食をする人がいます。

 

お菓子が好きな人は多いですが、最も注意しなければならないのが量とお菓子の種類です。

 

特にスナック菓子は塩分も多く、カロリーも他のお菓子類に比べ非常に高カロリーです。

 

出来る事ならば食べないほうが良いのですが、それが無理な場合は少し工夫することによってメタボ対策になります。

 

もしもスナック菓子を食べるならば、袋から直接食べるのではなくてお皿などに食べる分だけ移して食べること。

 

袋から直接食べると全部食べきってしまいます。

 

その他にもお菓子はいろいろありますが、甘いものが食べたくなったらケーキではなくて和菓子にするなどの工夫をするメタボ対策になります。

 

 

 

これらの事は心がけることから始まります。

 

メタボ対策を実践してポッコリお腹を解消しましょう。

 

メタボ対策通販人気ランキング

スポンサードリンク