ダイエット中の調理のコツ

ダイエット中の調理のコツ

ダイエット中に料理をする際に気をつけたいのが塩分を控えるということです。

 

ダイエットして痩せようと思うのであれば、塩分を控えた食事をとる必要があります。

 

塩分を控えるといっても、ただ単純に味付けを薄くすれば良いというものではありません。

 

ダイエットでは食事制限がつきものですから、間食などをしないように、毎回の食事は満足のいく食事をとる必要があります。

 

ただ、味付けを薄くしただけの料理は、味のバランスも悪く、物足りない味付けになってダイエット中の唯一の楽しみの食事を楽しむことが出来なくなります。

 

ですのでダイエット中は塩分の摂取量を控えながらも、味付けの美味しいと思える食事を食べれるように調理方法に工夫を凝らす必要があります。

 

 

出汁を濃くとる

 

塩分を控えながらも、味付けを満足いかせるためには、出汁を濃くとると良いです。

 

味噌汁を作る場合は、すでに出汁の入った味噌や市販のダシを使うのではなくて自分で出汁をとると良いです。

 

その際には昆布やカツヲ節を多めに入れてしっかりとした濃い出汁をとるのがポイントになります。

 

出汁が濃いければ塩分が少なくて物足りないはずの味付けにも満足が出来ます。

 

煮物を作る際も同じ事が言えます。

 

 

スパイスやハーブなどの香辛料を利用する

 

良質なたんぱく質を適度にとるのもダイエットには必要です。

 

肉や魚に下味をつける時は通常、塩を使いますが、これをスパイスやハーブに代える事によって塩分を抑える事が出来ます。

 

塩の代わりにハーブやスパイスを使うことによって肉や魚の風味が良くなります。

 

肉や魚の生臭さを消す効果もあり、材料本来の味を引き出すことも出来ます。

 

塩の代わりに使うだけで味の物足りなさを補えてさらに風味まで良くしてくれるハーブやスパイスは、ダイエット時にはオススメの味付け方法です。

 

スーパーなどで簡単に見つけることが出来るので自分に合ったスパイスやハーブを見つけてみてください。

 

 

醤油を後からかけないこと

 

味が薄いとどうしても後から味を足すのに醤油をかけてしまいがちです。

 

この醤油を少し工夫すると減塩効果があり無駄に塩分を多くとることが無くなります。

 

醤油に出汁を足して、出汁醤油を作っておく事をオススメします。

 

さらに醤油と柑橘類(レモン、柚子等)と合わせて使うとさらに減塩効果があります。

 

味の物足りさを感じることなく、満足のいく食事ができて、ダイエットを成功させることができます。

 

 

スポンサードリンク