コーヒー

コーヒー

コーヒーは日常的に飲まれている方は多いと思いますがダイエットに効果があることはあまり知られていません。

 

お茶を紹介するコーナーでコーヒーを紹介するようになってしまいましたが、お茶に負けず劣らずの脂肪燃焼効果があるので、ダイエット茶のコーナーで解説していきます。

 

カフェインたくさんのコーヒー

 

コーヒーに含まれる成分でみなさんも聞いたことがある成分にカフェインがあると思います。

 

このカフェインはダイエットをするうえで非常に有効な成分になります。

 

まず、カフェインには利尿作用があり、体の中の余分な水分を排出するという作用があります。

 

この作用によって、体内にたまった老廃物なども同時に排出してくれます。

 

利尿作用の効果があるということは、むくみ対策にもなります。

 

カフェインには脂肪燃焼効果があると先ほどもいいましたが、脂肪を燃焼するまでのカフェインの働きを書いていきます。

 

そもそも、脂肪燃焼と簡単に言っていますが、脂肪を燃焼するまでには、まず脂肪を分解してからその上で燃焼しなければなりません。

 

カフェインを摂取することで、脂質の分解を助け、促進してくれるので脂肪が燃焼しやすくなるというわけです。

 

コーヒーにはもう1つ外せない成分があります。

 

クロロゲンという成分で、この成分もカフェイン同様に脂肪の分解を促してくれます。

 

クロロゲンがカフェインと共に働いてくれることによって、さらに脂肪燃焼を効率よく促してくれるというわけです。

 

外食ではコーヒーを最後に注文しましょう

 

コーヒーが脂肪燃焼に効果があることは、ある程度は理解していただけたと思います。

 

それでは、みなさんにアドバイスとして書かせていただきます。

 

どうしても外すことが出来ない外食があると思います。

 

そんな時は最後にコーヒーをオーダーしましょう。

 

食事の後の一息つくにはもってこいの飲み物ですし、脂肪燃焼にも効果があるのでまさに一石二鳥の飲み物です。

 

さらに、食事のあとに余裕があるようであれば、ウォーキングなどの運動をするとコーヒーを飲まないで運動する時よりも脂肪の燃焼効果があがります。

 

コーヒーの飲み方は個人によって好みもあると思いますが、アイスで飲むよりもホットで飲む方が脂肪の燃焼効果は高まります。

 

クロロゲンの効果も相乗して発揮させるためには、熱湯ではなく80度位のお湯でコーヒーをつくることが望ましいです。

 

お茶が苦手な人はコーヒーをダイエット茶の代わりに取り入れてはいかがでしょうか?

 

 

通常のコーヒーよりも効果が高いダイエットコーヒー

スポンサードリンク

コーヒー関連ページ

緑茶
黒ウーロン茶
黒の奇跡
ゴーヤ茶