サイクリング

サイクリング

トレーニングジムで自転車をこいでいる人は大勢いますね。

 

自転車はウォーキングやジョギングなどと同じ効果があります。

 

ジョギングなどよりも自転車の方が脚に負担がかからず、ダイエットの運動としては取りかかりやすいのではないでしょうか。

 

自転車をこぐ、つまりサイクリングでは有酸素運動の効果があり、特に下半身を痩せさせるということに特化しています。

 

自転車を脚でこぐため、下半身を鍛える事が出来ます。

 

ふくらはぎにいたっては、特に鍛える事が出来るため、ふくらはぎから足首にかけて引き締まった綺麗な脚になります。

 

自転車で運動する場合は、ハンドルを持って自転車をこぐので上半身も自然に動き下半身と共に上半身痩せにも効果が期待できます。

 

有酸素運動では適度な負荷の継続的な運動が必要で、脚を使ってペダルを回すという運動は最適な有酸素運動といえます。

 

ダイエットにサイクリング

 

ダイエットは自分との戦いです。

 

ジムの中で風景が変わらずに運動するのも良いですが、たまには外の空気を吸いながら自転車をこぐことで気分転換にもなりますし、日頃気付かない発見があったりして楽しいものです。

 

自転車をこぐと競輪選手のように筋肉がつきすぎて脚が太くなるのではないかと思う人がいるかもしれませんが安心してください。

 

スポーツ選手のように毎日何時間もトレーニングとして自転車をこぐのと私たちが1時間位こいでもそのようにはなりません。

 

適度に続けていると適度な筋肉がついて、脂肪が燃焼されやすくなり、脚が痩せてきて下半身がスラッとしてきます。

 

サイクリングとして意識して自転車にのらなくても、通勤や買い物に行く時などに自転車を使うようにすると長続きすると思います。

 

無理のない距離からはじめて徐々に長距離にする事が長続きさせるコツです。

 

自転車の乗り始めから張り切って長距離を走ってしまうと、翌日は筋肉痛で自転車に乗れなくなってしまいます。

 

効果的にダイエットするなら無理をしない事です。

 

ダイエットのするためにどのような運動ををしたらよいかわからない人は自転車から試してみることをオススメします。

スポンサードリンク