ヨーグルトとダイエットの基礎知識

ヨーグルトとダイエットの基礎知識

ヨーグルトはダイエットに良いイメージがあると思いますがまさにその通りです。

 

便通を良くしたり、腸内環境を整える働きをする事はみなさんもすでにご存じと思います。

 

じつは、ヨーグルトはダイエット食品としてもかなり優秀な食品なんです。

 

このページではヨーグルトを使ってダイエットをする方法を解説します。

 

ヨーグルトの乳酸菌

 

ヨーグルトダイエットでは乳酸菌がダイエット効果をもたらす働きをする立役者です。

 

乳酸菌は便秘の予防や解消、腸内環境の調整などの働きをします。

 

この乳酸菌が働いて腸の調子が良くなると腸の運動量が増えて基礎代謝が上がるんです。

 

基礎代謝が上がるとカロリーの消費が増えるため太りにくい身体になっていきます。

 

ヨーグルトを上手に摂取するコツは、食物繊維やオリゴ糖と一緒にたべることです。

 

これらの食品と一緒にヨーグルトを摂取することで相乗作用が働いてダイエット効果を高めます。

 

具体的にはリンゴやグレープフルーツなどの果物と一緒に食べると良いです。

 

ヨーグルトダイエットのやりかた

 

ヨーグルトダイエットは3食のうちどこで食べても大丈夫です。

 

食事の時の1品に加えて食べることで空腹のストレスなく美味しく食べることが出来ます。

 

よく、ダイエットを始めたばかりの方は全ての食事をヨーグルトに替えてしまう人がいますが、これは摂取カロリーが明らかに足りないために栄養不足で反動でリバウンドする原因になりますのでやらないようにしましょう。

 

ヨーグルトは満足感がある食品なのでおやつ代わりや夜食に食べても最適な食品です。

 

いくら毎日ヨーグルトを食べてるからといって食事のカロリーが高すぎるものばかりを食べていればダイエットの効果はありません。

 

ヨーグルトダイエットに限らず、すべてのダイエットに共通することですが、ダイエット中は食事に気をつけてなるべくカロリーの高いものは避けて、適度な運動をする事が必要です。

 

それに加えて毎日食べるということがヨーグルトダイエットでは大切な事なのでそのことだけはしっかり頭に入れておきましょう。

 

継続は力なりです。

 

ヨーグルト断食

 

暴飲暴食をしてしまった時などはヨーグルト断食が腸内環境を元に戻してくれるのでオススメです。

 

断食といってもヨーグルトを食べながら2日間だけ行います。

 

断食の2日間はヨーグルトと水、または野菜ジュース以外は摂取しないようにします。

 

断食が終われば、お粥などの胃にやさしいものから摂って、少しづつ元の食事に戻します。

 

断食が終わった後はやり遂げた感と少し身軽になったような感じを受けるのでダイエットのモチベーション維持のためにも是非チャレンジしてみてください。

 

これらの基礎知識を生かして、ヨーグルトダイエットを成功させましょう。

スポンサードリンク