いろんなダイエット方法の基礎知識

味とダイエットの基礎知識

ダイエットをしているにもかかわらず、ついつい食べ過ぎてしまうのは、料理の味が関連しています。

 

美味しいと感じるものは、ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。

 

そもそも、美味しいと感じるのは、どのような要素があって感じるのでしょうか?

 

美味しい食事の秘密を詳しく記載していきます。

 

食事をしていて美味しいと感じるのは?

 

私たちが食事をしていて、美味しいと感じるのは、美味しさの3大要素があるからです。

 

では、美味しさの3大要素とはどのようなものなのでしょうか?

 

美味しさの3大要素とは、

 

甘いもの

糖質が入っていて、多幸感があるもの。
甘いものを食べると幸せな気分になりますよね。

 

油分があるもの

脂質が多く含まれるものが美味しいと感じます。
肉なども、霜降りの肉の方が美味しく感じることが多いと思います。

 

柔らかさ

柔らかいものは体内に入った時の消化吸収を助けます。
日本人は特に柔らかい食べ物が好きな傾向にあるようです。

 

 

これらの3大要素を含んだ、本能的に美味しいと感じる食べ物は太る傾向にあるものということを理解しておきましょう。

 

動物と違い私たちは、料理するという技術を持っているので、食べ物を自分の好みに調理して食べます。

 

自分の好きな調理法や食材などを、意識しないで食べてばかりいると、あっという間に太ってしまいます。

 

美味しいものは、週に1度の楽しみにするとか、自分流に食の改善を行うことを意識してダイエットに臨みましょう。

 

美味しいものばかりを食べるのではなくて、体を気付かった食べ物も取り入れつつ、美味しさの3大要素を意識して、ダイエットに励めば結果はついてきますよ。

 

 

 

スポンサードリンク