肥満は脂肪細胞が原因

肥満は脂肪細胞が原因

体内に脂肪が蓄積されるのは、体脂肪があるためです。

 

脂肪細胞を体内に蓄えておくことによって、しばらく食料が手に入らない日があったとしても、人は生きていくことができるのです。

 

脂肪は、炭水化物や、たんぱく質よりも多いエネルギーが含まれています。

 

脂肪細胞は数が増減しませんが、脂肪量に応じて大きさが変わり、多くの脂肪を体内に留めておくことが可能です。

 

子供のうちは成長するにつれて多くなっていきますが、大人になると激しく増えることはありません。

 

2種類ある脂肪細胞のうち、肥満と関わりがあるのは白色脂肪細胞だといいます。褐色脂肪細胞は体にエネルギーを行き渡らせるもので、首筋や、背中のごく一部に存在しています。

 

細胞内に存在するたんぱく質の働きによって、脂肪の燃焼を助けてくれる役割を持っています。

 

褐色脂肪細胞を増加させることが、肥満予防に効果があるといいます。

 

褐色脂肪細胞が動くようにするには、寒さや、運動がよいと言われているようです。

 

寒さによる震えで白色を褐色に変える遺伝子を活性化することができると考えられており、実際に効果が出たという研究成果が報告されています。

 

2種類の脂肪細胞がどのような機能を持っているかを把握し、ダイエットに活かしていきましょう。

スポンサードリンク

肥満は脂肪細胞が原因関連ページ

脂肪細胞の仕組みについて