脂肪細胞の仕組みについて

脂肪細胞の仕組みについて

脂肪細胞という単語は、ダイエットについて調べる時によく出てくるものかもしれません。

 

体脂肪を生成したり、エネルギーとして燃やしたり、余剰のカロリーを体脂肪として蓄積するときに、脂肪細胞は機能します。

 

今まで、脂肪細胞はある年齢まで増加し、それ以後は数は増えないものの、脂肪の量に応じてサイズが変化すると思われていました。

 

けれども、この説と相反するデータか、最近出てきています。

 

それは一定の年齢を過ぎてもその数が増えると言うことが分かってきたのです。

 

かつては、脂肪細胞がつくのは、思春期、乳児期、胎児期に限定されていました。

 

今では、それ以外の年代でも脂肪細胞が多くなることがあると言われていますので、気をつけましょう。

 

白色脂肪細胞と、褐色脂肪細胞という、2パターンの脂肪細胞が存在します。

 

脂肪を蓄積する性質があるほうが、白色の脂肪細胞です。

 

体内で生成された中性脂肪は、脂肪細胞の中に溜めこまれます。

 

脂肪をエネルギーに変える機能を持つ褐色脂肪細胞のほうは、大人になるとだんだんと少なくなっていきます。

 

これは新陳代謝とも関係しており、年齢を重ねると脂肪がつきやすくなると言うことに関係しています。

 

褐色の脂肪細胞が減ると、肥満のリスクが高まると言われています。

スポンサードリンク

脂肪細胞の仕組みについて関連ページ

肥満は脂肪細胞が原因