脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

脂肪燃焼スープダイエットは簡単にできるメリットがありますが、デメリットも少なからずあるようです。

 

毎日毎日脂肪燃焼スープを飲み続けていると、やはり味が単調に感じてしまうことがあります。

 

この1週間だけ頑張ればいといっても、朝も昼も夜も同じメニューとなると、食欲があっても食べる気が失せます。

 

味つけにバリエーションをつけることも可能ではありますが、キムチやカレー粉程度では、スープであることそのものを変えることはできません。

 

献立の中にたんぱく質がほとんどないことが、食事の楽しみを減らしているという人もいます。

 

 

脂肪燃焼スープダイエットのデメリット

 

 

基本的には1週間のうち2日間は肉類が食べられるので、気にならない人もいるかも知れませんが、肉や魚を欠かさず食べている人には、ちょっと足らないと感じることでしょう。

 

一度減った体重が元に戻ってしまうリバウンドはダイエットにはつきものですが、脂肪燃焼ダイエットの場合も、デメリットとしてあげられます。

 

ダイエット期間中は、摂取カロリーが控えめになっていますので、ダイエットが終わると同時に元通りの食事に戻すと、非常にリバウンドが起きやすくなることが指摘されています。

 

脂肪燃焼スープダイエットを終わらせたからといって、我慢していた肉や揚げ物をめいっぱい食べたら、ダイエットの効果か相殺されます。

 

無事にダイエットが終わってからは、元の食事に戻す時は、いきなりするのではなく、少しずつ食事量を増やしていくことです。

 

急激にカロリーを増やさず、玄米や繊維の多い野菜、肉は鶏ささみや鶏むね肉を使うなどで、ちょっとずつ摂取カロリー量を戻します。

 

脂肪燃焼ダイエットには、デメリットもありますが、成功しれば5キロ以上の体重を落とす事が可能なので、一度試して見る価値はあります。

スポンサードリンク