ダイエット中の食事とタンパク質

ダイエット中の食事とたんぱく質

食事に気を使うことはダイエットをしている時は大事ですが、食事とはカロリーばかりではありません。

 

低カロリーの食品ばかりにして、摂取カロリーを少なくすることは間違いではありませんが、食事の栄養バランスも考える必要があります。

 

ダイエットのためにと食事の量を少なくしている人の場合、たんぱく質が欠乏していることがあります。

 

たんぱく質をある程度食事から摂取しておかなければ、健康状態をよりよいものにしておくことはできません。

 

 

ダイエットのための食事

 

 

たんぱく質を含む食材といえば、牛乳やチーズ、肉類や魚類になります。

 

カロリーが高い食材が多いために、ダイエット中はついつい敬遠してしまいがちな食材であるといえるでしょう。

 

体内のたんぱく質が十分でなくなると、筋肉量が低下するために、基礎代謝の低い体質になってしまいます。

 

ダイエットをしている時に、基礎代謝が下がると、何かのきっかけですぐに体重が戻るリバウンドのリスクが上がります。

 

基礎代謝と言うのは、体を動かさなくても消費されるエネルギーの事で、ダイエットをする時には気をつけなければならない点です。

 

基礎代謝は、年齢や性別、普段の活動量のほか、筋肉量にも関わっています。

 

筋肉が多い人ほど、基礎代謝が高くなる傾向があります。

 

ダイエットの効率を上げるには、食事に含まれるたんぱく質を減らし、低カロリーの食事にすることは理にはかなっています。

 

ですが、体内に蓄えられている筋肉の量が少ないと、基礎代謝が低くなって、ダイエットの効率が上がらなくなることも指摘されています。

 

ダイエットをしているからといってカロリーの少ない食事ばかりをするのではなく、たんぱく質も確保しましょう。

スポンサードリンク

ダイエット中の食事とタンパク質関連ページ

ダイエットと食事について