ダイエットと食事について

ダイエットと食事について

食事から摂取するカロリー量を減らすダイエット方法が、ダイエットの中でも最もオーソドックスです。

 

ダイエットで大切なのは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。

 

一番シンプルな考えとしては、摂取カロリーよりも、消費カロリーが少なければ、体重は減るということです。

 

そのため、ダイエットをする時には、まず食べる量を少なくすることで、体内のカロリーを使おうとする人がふえてくるのです。

 

ダイエット中だからという理由で、カロリー量の多い食事や、油分の多い揚げ物などを避けるのは、考え方としては妥当です。

 

食事から摂取するカロリーを抑制したり、低カロリーの食材1種類だけで1回の食事を置き換えるなどのダイエットをする人は大勢います。

 

食事の内容を改善することによって、1日に摂取するカロリーを少なくすることで、ダイエットに役立てるという考え方は自然です。

 

ですが、人間の体にはホメオスタシスという機能が備わっており、命を守るために、体重や体温などのコンディションを維持する働きがあります。

 

食事量を減らすなどして、カロリーの摂取量を少なくした場合でも、そう簡単には体重は減らないというのはごく自然なことです。

 

 

ダイエットのための食事

 

 

極端な食事制限をすると、ホメオスタシスという体に備わっている機能が働いて、カロリーの消費がされにくい体になってしまいます。

 

どんな理由であれ、カロリー供給が途絶えると、生き残るために少しでも多くのカロリーを体脂肪にして体内に蓄積しようとする機能が作用し始めます。

 

体重を減らしたいからと、カロリー制限によるダイエットをしていると、カロリー不足で倒れてしまわないようにと、体はカロリーの消費量を落とすのです。

 

ホメオスタシスが機能している状態でいると、どれだけ食事を少なくしても、ダイエットはうまくいきません。

 

ダイエットを成功させるためには、食事の摂取量を減らすばかりでなく、運動等も組み込んで、代謝の高い体であり続けるように工夫していきましょう。

スポンサードリンク

ダイエットと食事について関連ページ

ダイエット中の食事とタンパク質